ジュエリー紹介

ジュエリーのご紹介

J-oneが手掛けたこだわりのジュエリーをご覧ください 。

     

リング

リング7
リング7
リング6
リング6
リング5
リング5
リング4
リング4
リング3
リング3
リング7
リング7
ぎっしり詰まったダイヤパヴェ。
1mm以下の極小ダイヤをさらに小さな爪で丁寧にセットした、マイクロ技術の代表作です。
今までの技術でもできますが、仕上がりの綺麗さ、爪の小ささは肉眼では決して実現しません。
また、マイクロでは…
リング7
リング6
リング6
地金のボリューム感とダイヤモンドのきらめきが一度に楽しめるリング。
地金部分に溝を入れ、そこに嵌め込むようにダイヤモンドをセッティングしているためダイヤモンドや爪に引っかかりを感じることがありません。
マイクロセッティングを使わないと実…
リング6
リング5
リング5
5連の地金ラインが特徴的なリング。
高さ違いに重なり合う地金ラインが程よい存在感を演出し、一本で重ね着けしているように見えるデザインです。
このような裏側が磨きにくいデザインは多くありますが、普通に上からバフやリューターを当てるだけでは…
リング5
リング4
リング4
仕草のたびにルビーが輝く、揺れるタイプのリング。
一見シンプルに見えて、実はリングの厚みや丸カンに繋がる部分のシェイプ、丸カンのサイズにまでこだわり抜いたシルエットです。
このタイプはデザイン的にはペンダントでもピアスでも多いですが、強…
リング4
リング3
リング3
ダイヤモンドだけを指に乗せたような、職人の繊細な手仕事が光るデザインリング。
細くなめらかなダイヤの曲線はCAD+マイクロセッティングで作られますが、綺麗に見えるためにはダイヤの色やカットを揃えることが大切です。
インドでの仕入れもブロ…
リング3
リング2
リング2
リング1
リング1
リング2
リング2
ダイヤモンドと地金のラインが交差し、指の上で美しいシルエットを描くリング。
2本のアームが交差を繰り返す様をリアルに表現しました。
ダイヤで細いラインを作る、という最近多いデザインです。
以前はここまで細く作ることはできませ…
リング2
リング1
リング1
特別感よりもデイリー使いを想定して作られたリング。このリングは何よりも着け心地を重視して作られました。
裏側の地金を重量軽減=原価軽減のためにこそげ落とさず、指当たりがよく装着感のよいなめらかなフォルムに仕上げました。
このようなデザイ…
リング1
PAGE TOPPAGE TOP